2017年8月21日月曜日

セイヨウミツバチ新女王産卵していました

今朝の最低気温は19.9℃。朝の天気は曇りのち時々晴れ。日中は晴れ。夜になると雷雨です。

午前中、セイヨウミツバチ新女王養成群を見ました。
新女王はお尻も大きくなり、立派な女王になっています。
産卵もされていて、1齢から2齢の蜂児もいます。
さて、今年はスズメバチがとても少ないようで、ミツバチの巣箱にほとんど来ていません。

午後、そのスズメバチの巣をいただきました。
キイロスズメバチの巣で、駆除した巣をいただいたのですが、幼虫がぎっしりと入っていました。
大きさもそこそこ。
幼虫はもちろん煎り付けて食べます。
とっても美味しいです。

2017年8月20日日曜日

夏が少し戻った

今朝の最低気温は18.5℃。朝の天気は曇り。日中は晴れ時々曇り。最高気温は27.3℃。

やっと暑くなってきました。
明日以降も気温は高めに推移しそうで、遅れている農作物にはとても良いと思います。
当地はトウモロコシの産地ですが、梅雨明け後の悪天候で甘みがいまいちでしたが、これで甘みも待ってくると思います。
今日食べたトウモロコシも、甘く美味しかったです。

2017年8月19日土曜日

コオロギが鳴きだす

今朝の最低気温は19.7℃。朝の天気は曇り。午前中は曇りのち時々晴れ。午後は晴れ時々曇り。最高気温は25.8℃。

今日は日中晴れ間も出ましたが、暑いと呼べる気温ではありませんでした。
そして、秋の虫が鳴きだしました。
当地は寒冷地のため鈴虫は居ませんが、コオロギの鳴き声が聞こえだしました。
虫の世界にも秋が訪れたようです。

2017年8月18日金曜日

涼しい日が続く

今朝の最低気温は20.6℃。朝の天気は雨のち曇り。互選中は曇り一時雨。午後は曇り一時薄日が射し一時雨。最高気温は24.4℃。

最高気温は24.4℃ですが、日中は20℃から23℃前後と夏とは思えない涼しい気温になりました。
本当に、夏はどこがに行ってしまいました。
まあ、暦の上では秋に入っていますが、実際はまだまだ暑い日が続くはずでした。

2017年8月17日木曜日

食用ホウズキ

今朝の最低気温は19.6℃。朝の天気は曇りのち晴れ。日中は晴れ時々曇り。夕方からは雷雨です。最高気温は27.9℃。

きょうは午前中からお昼過ぎまで青空が広がり、夏らしい空になりました。
やっぱり青空はいいです。
さて、食用ホウズキが実りだしました。
今日、幾つか食べましたが、黄色い実は甘く、またマンゴーのような味がします。
結構おいしいです。

2017年8月16日水曜日

新女王お尻が大きくなっていた

今朝の最低気温は21.1℃。朝の天気は曇り。日中も曇りで一時薄日が射しました。最高気温は26.5℃。

今日、一昨日見たセイヨウミツバチ新女王養成群を内検しました。
新女王は居ました。
それもお尻が一回り大きくなっていました。
ちょっと見には女王らしくなってきています。
実は、この女王は何らかの原因で産卵しないのではないかと危惧していました。
もし産卵しなければ、女王を外し、隣の群と合併もと考えていました。
まだ100パーセント大丈夫というわけではありませんが、一息つきました。
これで産卵し育児が始まってくれれば大丈夫です。
育児が始まったら、強群から働き蜂の蛹の蓋が大量に掛かった巣盤を移し替えます。

さてお昼前、二ホンミツバチの様子を見に行った際、蜂場の隣に住むMさんに大きなスイカとキュウリをいただきました。
スイカはMさんの畑で取れた、大きく立派なスイカです。
早速家に持ち帰り食べると、甘みも乗っていて美味しいスイカです。
信濃町でもこんなに立派なスイカが実るとは。

2017年8月15日火曜日

挿し木した苗は元気

今朝の最低気温は18.6℃。朝の天気氏曇りです。日中は曇りで、一時薄日が射しました。最高気温は25.3℃。

今月7日に、八重咲きアジサイとベニサラサドウダンツツジを挿し木しました。
八重咲きアジサイはガクアジサイではなく普通のアジサイの八重咲きです。
一つの花がベゴニアの花のようになっていて、それがかたまって大きな花環を作っています。
色は水色、優しい色です。
そしてベニサラサドウダンは、サラサドウダンツツジの花の赤みが強い種類です。
挿し木した木は、特に赤みが強く、すばらしい紅色のサラサドウダンです。
挿し木の方法は密閉刺し。
この方法は、挿し木の難しい植物でも根付きやすく、また、挿し木した後の水やり等の管理がいりません。
怠け者には最高の挿し木方法です。
挿し木から10日経っていますが、一度も水やりはしていません。
さて、今日見ると、特段変わったところはありません。
挿し木した苗は元気です。